信州山遊びねっと

 

 
デジタルカメラで撮影した画像の修正について

図1

図2
ニコンD100で鹿島槍ヶ岳を撮影しました。

トリミングをして192×400ピクセルに画像を縮小しましたが、図1と図2を比較してもらうと違いが分かるかと思います。

図1が未修正で、図2が自分の色彩感覚で修正しました。

パソコンのディスプレには、CRTディスプレイと液晶ディスプレイがあります。
どちらが綺麗に見れるか分かりませんが、古い液晶ディスプレイは暗く感じると思います。

私が使っているノートパソコンは、約1年ほど仕事とホームページの更新で頑張ってもらってます。
※CRTや液晶ディスプレイの明るさによっては、他のパソコンと比べた時に違った印象を受けるかもしれませんので御了承下さい。

 

修正手順
図3   図4   図5   図6
トリミングして縮小しました。
 
カラーの自動修正で色彩を高めます。
 
画像の明るさとコントラストの変更をします。
 
画像をシャープにさせます。
図4のカラーの調整は、画像処理ソフトによって名称も異なりますが、自動で修正する機能があると思います。本格的にカラーバランスを調整する人達は、RAWデーターからヒストグラフを見て色合いの調節を行ってると思います。
自分はシロートなんで自動修正で簡単に終わらせてます(^^;
 
図5は、明るさとコントラストで画像が曇ったようなスッキリしない状態を修正します。デジタルカメラの場合、フィルムカメラと比べると白とびしやすいので、露出や測光方式を変更しながら何枚か撮影すると良いかもしれません。
ちなみに自動で修正すると、思った以上にハッキリしてしまい違った感じになります。
 
図6は、画像全体をシャープにして修正を完了しましたが、シャープにするとゴツゴツした感じになる風景もあります。シャープにする場合は、全体のイメージが崩れないように十分に注意します。

 

修正例 EPSON CP-900Z フルオート 2002年10月6日撮影
プログラムオート 1/516.5秒 f/4 露出補正:0EV 記録サイズ:2048×1536

修正ソフト PaintShopPro7
鮮やかさ自動修正:標準
シャープネス:シャープネスS
明るさ:2 コントラスト:5

 

修正例 Nikon D100 2002年10月6日撮影
マニュアル撮影 1/250秒 f/4.5 マルチパターン測光 露出補正:0EV ISO:220 
ホワイトバランス:オート 輪郭:オート 階調補正:オート 記録サイズ3008×2000 Fine

修正ソフト PaintShopPro7
鮮やかさ自動修正:標準
シャープネス:シャープネスS
明るさ:1 コントラスト:8

 
修正例 Nikon COOLPIX2500 2003年12月26日撮影
プログラムオート撮影 1/59.9秒 f/5.9 マルチパターン測光 露出補正:0EV
記録サイズ1600×1200 Fine

修正ソフト PaintShopPro7
シャープネス:シャープネスS

 
注意事項
サイトに記載してある内容で問題が発生しても管理者は一切の責任、補償、賠償を負いません。
Copyright(C)2002-2017 信州山遊びねっと  管理運営者:立木登美男 発信地:長野県上田市