TOP 北アルプス 中央 南アルプス 南信 八ヶ岳 野辺山 北部 中部 信州百名山 過去の記録
篭の登山2227m
冬に訪れる人は少ないが、高山植物が多い山でもある。篭の登山は湯の丸高原と高峰高原の中間に位置し、登山口となる池の平湿原には多くの観光客が訪れる。

登山口となる林道は、冬季閉鎖の為に車で池の平湿原まで入る事が出来ない。湯の丸スキー場の林道ゲート付近に車をデポして池の平湿原を目指す。

林道を歩いて行くつもりだったが、シーズンオフの湯の丸スキー場を直登する。ちょっとだけ時間の短縮が出来たが、スキー場の斜面は疲れる。

林道を歩き池の平湿原の自然保護センターに到着する。ここから篭の登山に続く登山道が現れる。雪の無い時期だったら、池の平湿原の駐車場に車を置くことができる。

樹林帯を抜けて森林限界地点を過ぎると山頂も近い。途中、スノーシューとスキーを背負った人を追い越してきたが、この時期の斜面は雪が少なくスノーシューは不必要である。

池の平湿原から30分ほどで東篭の登山の山頂に到着する。山頂で休んでいた登山者は、高峰温泉から登ってきたようである。展望を楽しんでから西篭の登山に移動する。

西篭の登山は東篭の登山より15mほど高いが、それほどきつくない。約20分ほどで西篭の登山に到着する。

西篭の登山にも立派な標識がある。展望も申し分ないが、湯の丸スキー場に戻るには東篭の登山に戻らなければならない。

西篭の登山から見た東篭の登山。似たような山だが、西篭の登山に訪れる人は少ない。

東篭の登山から見た烏帽子岳と湯の丸山。

湯の丸ゲート(8:39)〜湯の丸スキー場リフト終点(9:10)〜池の平駐車場(9:52-10:14)〜東篭の登山(10:49-11:00)〜西篭の登山(11:22)〜東篭の登山(11:46)〜湯の丸ゲート(12:24)

2001年4月14日

「この地図の作成に当たっては、国土地理院長の承認を得て、同院発行の数値地図50000(地図画像)及び数値地図50mメッシュ(標高)を使用したものである。(承認番号 平15総使、第244号)」


登山をされる方へ

日帰りで帰ってこれる山登りが中心となっています。
山に登られる方は地元の警察や登山地図を参考に登山計画を立ててください。なお、このサイトはあくまで私が見た現地の様子なので、参考程度に御覧下さい。