信州山遊びねっと

 

 
 
明るさの比較 2005年9月

必ず持っていく装備に ヘッドランプがある。明るくて、軽くて、長持ちするヘッドライト欲しいと思っているが、なかなか良い商品が見つからない。そこで、山で使えそうなライトを探してみたが、意外だったので100円均一で売っていたキーホルダータイプのLEDだった。意外と明るくて常時ベルトに巻きつけておけば使い勝手も良さそうだが、スイッチを押しっぱなしにしないといけない弱点がある。

夜間登山をするとき、LEDのヘッドランプだけでは遠くが見えなくて、イライラする時がある。慣れの問題かもしれないが、やっぱり明るいほうが安心だ。
重たいランプを頭に乗せるか、それとも手に持つか。昔、「スキーに連れてって」という映画の中で、夜間にスキーツアーをする場面があったけど、背中にでっかいバッテリーとライトを背負って、スイスイと滑っていたシーンが印象的である。

結論
山で使うライトは、LEDのほうが自然光に近くて明るい感じがする。またバッテリーの持ちも良い。

 
 
キーホルダーライト
価格:105円
消費電力1W
電圧:6V
電球:LED
寿命目安10000回
重量:8g 
ダイソーで購入 テスト用の電池付き

 
キーホルダータイプのLEDなので、山では使えないと思ったが、思ってたいより明るくて緊急用の照明なら登山道でも使える。
山小屋で使うと便利そう。
 
 
 
LED
電球:LED
電池寿命:?
LR41を4個使用
重量:46g 
カインズホームで購入
 
スキーツアーでホワイトアウトに遭遇しときに使用するつもりだったけど、昼間だと全然分からない。照明としても使えず、インテリアとしてもイマイチ。
 
 
 
HOHER BERG 102
価格:不明
電球:LEDとクリプトン球 0.3V 0.3A
重量:136g
LED3個点灯で150時間
LED1個点灯で240時間
クリプトン球点灯で2.5時間 
カモシカスポーツで購入


 
LED、クリプトン球とも暗くて、登山道で使うとイライラする。ナショナルのヘッドランプと比べると、やや暗い感じがする。もう少し拡散性があれば使いやすいかもしれない。
 
 
 
ベビーライト CH-429BC
価格:95円
電球:クリプトン球 2.2V 0.47A
ランプ寿命:15時間
電池寿命:5時間
重量:86g 
カインズホームで購入 乾電池別売り

 
小さいけど、拡散性が良くて明るいので登山道で使用するには最適かもしれない。
価格が安いので壊れても安心。
 
 
 
価格:不明
電球:LED
電池寿命:頑張っただけ点灯できる
重量:240g

 
発電式の懐中電灯で上下に鉄芯を移動されると充電するらしい。内蔵されてるLEDは1つで、レンズによって光を集中させるのでビームのような照らしかたになる。山では不向きだが、災害時に活躍しそう。
 
 
 
National ハロゲンライト BF-113
価格:498円
電球:ハロゲン
重量:384g 
カインズホームで購入 乾電池付き

 
クリプトン球に比べると、ちょっとだけ遠くまで明かりが届くようだが、光の拡散性が悪い。
リフレクターの形状で光の拡散が左右されると思うが、価格の性能を実感できなかった。
 
 
 
Kryton トーチライト 黄色 NA-1
価格:98円
電球:クリプトン球 2.4V 0.7A
重量:368g 
カインズホームで購入 乾電池別売り

 
拡散性があって全体的に明るいが遠くまで明かりが届かない。
登山道で使用すには都合が良い。
リフレクターの形状がデコボコしてて2重のリングが出来ない。
 
 
 
Kryton 強力ライト NA-L18 
価格:198円
電球:クリプトン球 4.8V 0.75A 
重量:595g 
カインズホームで購入 乾電池付き

 
50m先も照らす事ができて、性能を比較した中では1番明るい。山中で物探しをする場合に適してるかもしれない。
重いので普通の夜間登山には不向き。
これを持って歩いてると、ちょっと恥ずかしい。
 
 
ハロゲン球

管内に封入されたハロゲン元素によるハロゲンサイクルの働きで、使用中の明るさや色温度お変化など、光の質の低下がほとんどない。長寿命化で光色は白熱電球に比べると白くて色彩も比較的忠実に見えます。

クリプトン球

白熱電球の一種でクリプトンガスの封入により普通球よりも寿命がアップ。ランプ形状もコンパクトである。

LED(発光ダイオード)

半導体チップに電流を流すことにより、チップそのものが発光する。

白熱電球

フィラメントに電流を通して加熱し、熱放射によって可視光線(光)が発生するランプ。1879年エジソンの発明よる、もっとも一般的なランプ。

 
  懐中電灯は、停電や災害の時の為に常備しましょう  

 
注意事項
サイトに記載してある内容で問題が発生しても管理者は一切の責任、補償、賠償を負いません。
Copyright(C)2002-2017 信州山遊びねっと  管理運営者:立木登美男 発信地:長野県上田市