信州山遊びねっと

 

 
 
ガスバーナー故障? 2005年11月

重要な装備としてガスバーナーがある。
今どきのガスバーナーは100g以下が当たり前で、ガソリンバーナーを使用しない限り、共同装備としても考えにくい。心配性な人はローソクを追加したり、ガスを多めに持参するけど、僕の場合は、なるべく火を使わない食べ物を持ち歩くようにしているので、困った時は仲間のガスバーナーを奪うことで問題を解決させるようとする。

御来光を見るつもりで蝶ヶ岳にやってきた。コンビニで買ったパンと多めの行動食で済ませるつもりが、たまたま相棒がインスタントコーヒーを持ってきていたので、写真撮影が終わったら冬期小屋で飲む約束をした。
誰もいない冬期小屋に逃げ込み、パンを食べながらガスバーナーにガス缶をセットした。しかし、ガスが勢いよく吹き出て止まらない。いつものように少しだけ開いたんだろうと思い、バルブを回そうとしても動かない。

今までの経験から、ガスの通り道にゴミが詰って着火出来なかったことはあったけど、力いっぱい調節用のつまみを回しても、まったく動かないので、パッキンが磨り減って固着してしまったんだろうと、その場で諦めてしまった。

  スノーピーク チタン 調節バルブ  
 
 
2003年頃に購入

風には弱いが、重量とメンテナンスのしやすさで購入する。


 
動かなかった調節バルブをモンキーで外すが、パッキンやガスの通り道に問題は無さそうである。
グリスが塗ってあるので、目視にて確認したのち、再び組み込んで回してみると、何とも無かったように着火できた。
 
  日頃のメンテナンスが大事です  

 
注意事項
サイトに記載してある内容で問題が発生しても管理者は一切の責任、補償、賠償を負いません。
Copyright(C)2002-2017 信州山遊びねっと  管理運営者:立木登美男 発信地:長野県上田市