信州山遊びねっと

 

 
 

G3 TARGA Ascent Binding 試乗会レポ 2006年4月9日

僕にとってツアーモードが搭載された機種は2台目である。
今までロッテフェラーと7tmのビンディングしか使ったことがなかったので不安はあったけど、実際使ってみてテレマーク姿勢がしやすくて操作性も良い。

ピボットポイントが少し前にあるらしく、ツアーモードから滑走モードに変更しても違和感がない。
ロッテフェラーのCobraシリーズより装着しにくいが、歩きと滑りの両立を考えるとG3のほうが実用的かもしれない。

追記 2007年2月23日
2007年は湿った雪が多く気温が高かったので、切り替えのレバーが凍って動かない事が何度かあった。ストックでロックさせる部分を叩いて動かしていたが、無理に切り替えレバーを動かそうとすると壊れそうである。
休憩中や夜間などの凍結の恐れがある時は、さっさと雪を除去してロックさせたほうが懸命である。

 

ロッテフェラーの金具と比べると装着する時が難しくて、ツアースローレバーが靴に引っかかってイライラしてしまう。ケーブルをギンギンにしてしまうと上手にセットできないので、緩々の状態で滑っていたが、普通に滑れてしまうのでメーカーの技術の高さを伺える。

 

シールを剥がし、ストックで滑走モードにレーバーを戻そうとしたら問題発生。
7tmツアーでも見られたが、雪が詰まってレバーが動かない。
ストックで雪を掘り出すと簡単にロック出来たが、無理にレバーを動かすと壊れそう。ロックするときは必ず点検しなければならないようだ。

ちなみに7tmはステンレス製のレバーなので、無理に動かしても壊れることはなかった…

 

ストックでの上げ下ろしは抵抗もなく簡単なんだけど、雪があると全開できませんでした。

 

全開すると、こんな感じ。
クライミングサポートの高さが足りないので、直登可能な場所でも踏ん張れずに後退してしまいます。
秋にパーツが発売されるらしいですが、これだけは早急に何とかしたいです。

 
  ツアーモード無しの金具は、ゲレンデ専用になりそう  

 
注意事項
サイトに記載してある内容で問題が発生しても管理者は一切の責任、補償、賠償を負いません。
Copyright(C)2002-2017 信州山遊びねっと  管理運営者:立木登美男 発信地:長野県上田市