信州山遊びねっと

 

 
 
携帯形酸素濃度測定器で山頂付近の酸素濃度を測定 2006年6月24日

会社では、いつも酸素濃度を気にしながら作業をしているが、山の空気って何%ぐらいの酸素濃度だろうか?ちょっと調べてみた。

 

使用測定器

理研計器株式会社 携帯形酸素測定器 OX-82
重量 300g

標高0m地点を基準に20.6%にセットしたいが、簡単に0m地点に行けないので、会社を基準にセットする。

測定結果はこちら  

   
2006年6月24日 道の駅 小谷 登山口 風吹小屋 センサー調整場所
酸素濃度 21.3% 19.2% 17.7% 20.6%
標高 390m 1100m 1771m 565m

 

 
 
一般的な酸素欠乏に対する人間の反応 (安全基準)
 
O2濃度 症状
21% 自然酸素濃度

18%

安全限界 連続換気が必要
16〜12% 呼吸、脈拍数の増加。精神集中力の低下、頭痛、耳鳴り、吐き気。
14〜9% 意識もうろう。頭痛、吐き気、顔面蒼白、全身脱力。
10〜6% 昏倒、意識消失。全身の筋けいれん。
6%以下 意識不明、昏睡。呼吸停止、心臓停止、6分間で死亡。

空気とは…
 

組成 濃度
酸素 20.9%
窒素 78%
アルゴン 0.93%
二酸化炭素 0.034%
その他 微量

 

 
 

 
アサヒの酸素水(酸素濃度5倍)を測定すると酸素濃度は52%ぐらいある。

飲んでも効果があるのか不明。
気分的に酸素を補給したような気がしたが体感できなかった。

白元のオーツーサプリを測定すると酸素濃度が58%ぐらいある

効果があるのか不明。
グレープフルーツの香りは良かったけど、騙されてるような気がしてきた。

 
  これからは酸素を買う時代?  

 
注意事項
サイトに記載してある内容で問題が発生しても管理者は一切の責任、補償、賠償を負いません。
Copyright(C)2002-2017 信州山遊びねっと  管理運営者:立木登美男 発信地:長野県上田市