信州山遊びねっと

 

 
 
 
スキーシールをリサイクルする  2009年3月20日

現状

パブリックエネミーのシールをWorkStinxの板と兼用してきたが、WorkStinxにシールを張り付けてアイスバーンを登ろうとすると、まったく進めない事がある。

どうしてそのような事が起きてしまうかというと、シールが細いのと、端の部分が消耗して毛が無くなってしまったからで、今後も我慢して登るのは大変なので何とかしようと考えていたら、「スプリットシール」なるものがネットに掲載されていた。
 

シールを張り付ける板のデーター
WorkStinx 2005年購入 パブリックエネミー 2004年購入
122-89-112mm 167cm 1632g
金具付き R8 2412g
金具付き Voile 2313g
113-80-104mm 1888g 169cm 
金具付き 2483g

 

対策

WorkStinxの為に新しいシールを買うつもりは無いので、ネットに載っていた「スプリットシール」みたいな物を作ってみることにした。

端の部分はトリミングして、78mm幅のシールが「35mm×2」になる計算である。
貼り流しのシールは好きになれないので、今の形を残したまま切れ目を入れて、どうなるかである。

 

 
端が削れてしまっている トリミング予定幅
 

翌日、加工したシールを板に張り付けてみました

歩くとこんな感じです
トラバースも上りも快調です
こんな場所を歩きます
5時間ほど歩いたり滑ったりしてみました 切れ目に少しだけ雪が入りました

 

 

結論

シールの効きもバッチリで、板を滑らす抵抗も少なくなったような気がする。
今後は、既製品も存在するので、どんな時に不具合が出るのか観察してみたいと思います。


 

 
  もっと早くにやってれば良かった…  

 
注意事項
サイトに記載してある内容で問題が発生しても管理者は一切の責任、補償、賠償を負いません。
Copyright(C)2002-2017 信州山遊びねっと  管理運営者:立木登美男 発信地:長野県上田市