信州山遊びねっと

 

 
 
車載用のナビが1万円以下で手に入るようになったので、簡単に取り外して持ち歩けるPNDを探していたところ、カシミール3Dと同じ地図が表示できるナビの存在を知った。GRMINなどの値段が高いGPSを購入すれば、どこでも使えて持ち歩きにも便利だ思うけど、普段は山でGPSを見ないのでトランスポートナビは車載専用と考える。

ちなみに、この手のGPSは防水機能はない。

外観が違うだけで中身はほとんど同じ物となると、「ナビポタ.comのSHAKE!ヤマナビ」がそっくりである。

もっと追いかけると「株式会社マップネット」に行きつく。

ここで「山岳ナビソフト」が作られたらしいが、PDAの考え方がトランスポートナビになったのかは不明である。

 

ちなみにカーナビとして使うだけなら、見ているだけでも道に迷いそうな地図(住友電工製)が付属している。
目的地を設定してルート案内をさせれば少しは見やすくなるけど…
 

想定される場所は…

1 尾根の取り付き地点検索
2 林道走行
3 日の出時間のチェック
3 山名検索

トランスポートナビ 1GB TNK-360

購入価格 送料込み 9999円 2009/10

液晶サイズ:3,5インチ TFT タッチパネル
メモリ1GB
CPU:Centrallty Atlas
解像度:QVGA(320X240RGB)
OS:Microsoft Windows CE
拡張スロットル:SD/MMC メモリーカード
オーディオ:内蔵スピーカー、 3,5mmステレオイヤホンジャック
バッテリー:内蔵リチウムイオン充電式バッテリ-(3,7V 1200Ah)
電源:AC100V〜240V、DC5V/1,5A
駆動時間:約3,5時間(GPS起動時)
縮尺切り替え機能(7段階)25m〜1km
サイズ:93,0mm(W)x83,5mm(H)x22,0mm(D)
重量:165g 
組込みソフト:MP3プレーヤー、フォトアルバム、テキスト、MP4プレーヤー【特徴】
地図:全国拡張道路2008年度版採用
オービス設置案内:音声ガイダンス機能
リチウムイオン充電式バッテリー内蔵(約3,5時間使用可能)
オートリルート機能
交差点拡大表示(ズームアップ機能)
昼夜画面切替機能(手動)

 

山岳ナビソフト(SANGA)

購入価格 9980円 2009/10

■地図 :国土地理院承認の得て国土地理院発行の地図を使用。
2万5千分の1地形図(地域ごと)
5万分の1地形図(地域ごと)
20万分の1地形図(全国)
20万町の1陰影図(全国)
50mメッシュ標高データ(全国)
■等高線 : 10m、20m、100m
■登山道 : 有(国土地理院地図準拠)
■地図記号 :国土地理院準拠
■地形陰影 :有
■立体カラーレリーフ:有
■住所検索 :1300万件
■施設検索 :250万件(名称検索)
■電話番号検索 : 300万件
■駅・IC検索 : 1万件
■周辺検索 : 60万件
■自然地名検索 : 6万件
■マップコード :有
■外部情報表示 : おすすめ情報(画像、説明文、音声)
■太陽と月の暦 : 現在、過去、未来計算
■グーグルアース : △KML対応予定
■GPS軌跡ログ : 100件(1件28800ポイント)
■地点登録 :1100件
■地域種類 :北海道版(2GB)、東北版(2GB) 、関東版(2GB) 、中部版(2GB) 、関西版(2GB) 、中国・四国(2GB) 、九州・沖縄版(2GB)  ※20万分の1以上の地図は 各地域版に全国分含む。

 

目的地 千曲市荒砥城

入場料 300円

入場する価値は…

駐車場で電源ON

衛星を捕捉するまで約40秒
カーナビのレベルでは考えられません

 

とりあえず標高をチェックする


 
やぐらに登って再び電源ON

小さなパソコンを持ち歩いてるのと同じ状態ですが、バックアップ用のCFも作ったので、ソフトが壊れても問題ないっす。

その1
その2
1/200000

このサイズのみ全国で使用できる

1/50000
1/25000

ここまで拡大できれば、遭難したときに役立ちそうだ

1/25000

誤差は2m以内だと思う

 

入手金額は8000円だったので、それなりに満足っす。
 
 

 
注意事項
サイトに記載してある内容で問題が発生しても管理者は一切の責任、補償、賠償を負いません。
Copyright(C)2002-2017 信州山遊びねっと  管理運営者:立木登美男 発信地:長野県上田市