信州山遊びねっと

 

 
 
パノラマ写真の進化

 

7年以上前にパノラマ写真を作るソフトを使った事があったけど、その当時は繋ぎ目が酷かったり、パソコンに負荷が掛かってしまい思うような物が出来なかった。
苦心して写真を繋ぎ合わせて写真用のロール紙で印刷した物を上司に差し上げた事もあったけど、色褪せが酷くなったと言う事で再び印刷 する事にした。

今回利用したソフトは「Windows Live」と「Microsoft Image Composite Editor」

両方とも同じ画像で試してみたが「Microsoft Image Composite Editor」のほうがイメージに近かったので、処理した物を「Paint shop Pro」で加工して出力する。

サイズはロール紙印刷を予定していたので12713×1226ピクセル 21MBとなった。

 

A4のロール紙をネットで探すと、だいぶ前に生産中止になったようでロール紙対応のプリンターも僅かしか残っていないようである。

ソフトは「EPSON PhotoQuicker3.5」がダウンロードでき、そこにロール紙の設定が出来るようになっていた。

 

 

PM-870Cのプリンターを利用するので、どうしても210mm×10mの写真用紙が欲しくなりオークションで落札する。

印刷時間は約1時間。インクカートリッジは半分ほど消費するようだ。今度は劣化させないようにラミネートで仕上げる。

さっそく出来上がった写真を壁に貼り付けてみたが、横幅が240cmもあると昔と比べ物にならないほど進化したと感じる。

写真は2003年に篭の塔山で撮影したもの。

2010年2月25日

 

クリックすると拡大します

Microsoft Image Composite Editor

 

 
注意事項
サイトに記載してある内容で問題が発生しても管理者は一切の責任、補償、賠償を負いません。
Copyright(C)2002-2017 信州山遊びねっと  管理運営者:立木登美男 発信地:長野県上田市