前のページにもどる


南岳 2007年7月28〜29日
第1日目   新穂高
4:19
槍平小屋
8:10
南岳小屋
11:27
第2日目   南岳小屋
6:45
槍平小屋
8:26
新穂高
11:34

槍平小屋 コーラ 300円 CCレモン 300円
南岳小屋 コーラ 300円  ビール500円  水2L 400円
南岳小屋 テント代 500円

 

槍平小屋 救急箱 テント

キツイと言われている南岳新道を登る為に、なるべく体力を使わないようにして槍平小屋にでやってきた。ここの標高は2000m。あと1000mほど登れば南岳小屋に到着できるので、本日は意外と楽勝かもしれない。

雪渓を横断して尾根に取りついた。登山道は梯子の連続で、なかなか凄い場所に登山道があるもんだと感心する。

奥丸山や槍平小屋がどんどん小さくなって確実に標高を稼いでいくが、それに従って嫌な虫も増えてきてイライラしてくる。タオルを顔に巻いたり、手で追い払ったりしながら、何とか不快感を取り除こうとするが、休むと集中攻撃に合うので風が通しが良い救急箱の前で大休止。
ちょっと中を覗いてみると、ビバーク出来そうなぐらいの豪華な装備が揃っていて、こんな救急箱がメジャーな登山道に置いてあれば、きっと遭難件数も減るかもしれない。

2700mの標識を通り越した辺りから雨が降り出し、周囲の状況が分らないまま南岳小屋に到着する。
受付を済ませ、テントを張り終えた頃から再び激しく雨が降ってきたので、とりあえず3時間ほど昼寝をする。まだ梅雨なので晴れてる時に登れる人達が羨ましい。

 

山頂 午前2時 あっち

いつものように午前1時に目が覚め、テントから顔を出して空を見上げると、奇麗な星空が見えていた。

こっそりテント抜け出し、月明かりを頼りにウロウロしていると、槍の上空にいくつも流れ星が出現する。ちょっと月明かりが強くて満天の星空とはいかなが、それでも寒さを我慢 してでも眺めている価値はありそうだ。

 

穂高 南岳新道
まあまあの朝に感動しながら、のんびりテントを撤収して南岳新道を下ることにする。天気予報では午前中から曇りとなるらしいが、最近の天気予報はまったく当たらず、天気図を見てもちょっと判断に迷う。

下るに従って昨日見えなかった景色が広がり、ルンルン気分になりながら槍平小屋を目指す。

順調に歩いて白出沢にやってきた。時間に余裕があったので荷物を広げてテントやシュラフを乾かすが、日差しが強いと乾くのも早い。3週連続で雨のキャンプだったけど、やっと夏らしくなってきた。


Copyright(C)2002-2022 信州山遊びねっと