前のページにもどる

爺ヶ岳 2007年7月15〜16日
1日目   登山口
12:05
種池山荘
14:45
2日目   種池山荘
5:36
爺ヶ岳
6:16
種池山荘
6:58
登山口
9:43

種池山荘キャンプ場 500円
種池山荘 コーラ 350円  板チョコ 200円  じゃがりこ 350円

 

登山道 扇沢 登山道

燕岳に行くとしたが道路が通行止めで、仕方なく午後からでも登れそうな爺ヶ岳の登山口にやってきた。台風の進路とスピードからして翌日は台風一過を期待するが、まだまだ台風が通過中なので、多少濡れても良い服装で出発する。

ダラダラと下を向きながら歩いていたが、柏原新道の危険地帯に到着する頃には本降りとなってしまい、休憩を兼ねて雪渓の脇を流れる川で水筒を満タンにする。雨が降った時しか流れないようだが、今日は山荘で水を購入する予定だったので、ちょっとザックが重くなってしう。

 

種池山荘 種池山荘 種池山荘キャンプ場
種池山荘手前で雷鳥の親子が現われた。こんな日でも子供達は元気のようで、親も監視が忙しいようだ。

種池山荘で受付を済ませ外に出ると青空が見えた。これから晴れるもんだと思っていが、朝まで雨が降り続き、ひたすらテントの中で過ごす。

 

頂上 雷鳥 あっち
朝から濃霧で雷鳥を観察してから南峰へ行ってみる。
期待虚しく何にも見えないので山荘に戻って朝ごはんを食べる。

しばらくしてから登山道を下り始めたら、だんだんとガスが消えて蓮華岳が見えてきた。30分ほど様子を見えていたが、次第にガスが湧き上がってきて、再び上り返しても好天になりそうな予感がしなかったので、さっさと下って西条温泉に移動した。

 


Copyright(C)2002-2023 信州山遊びねっと